お部屋の雰囲気を変えるオーダーメイドテーブル

オーダーでテーブルを注文するポイント。

勤怠はタイムレコーダーで記録し管理が行われているのです

会社に出社すると、最初にタイムレコーダーを使い、自分のタイムカードを使用して、タイムレコーダーに入れて出社時刻を打刻して記録を行います。これは1日の始まりに誰もが行う記録作業でもあるわけです。しかし、役職が付いている人などの場合は、打刻を行わない場合もありますし、会社によっては取締役以外は全ての社員が打刻を行い記録を必要とする場合もあり、会社によりマチマチです。また、課長職以上の人は打刻が不要であるというケースもあります。これは残業代と言うものが支給されないなどの理由で勤怠管理から除外されていると言えるものです。出社時刻を打刻とすると同時に、退社時刻に関しても同じように打刻をする事が義務付けられています。会社は1日の所定労働時間の中で働いて、初めて正規の報酬となる給料が支払われるため、会社が決めた出社時刻と退社時刻の中で適正に管理が行われているのです。


この勤怠管理を行うのは、会社により様々ではありますが、一般的に総務などの業務を行う総務部などがこの業務を一括して行う会社が多いのです。そして、この勤怠管理を行うために必要となるものがタイムレコーダーであり、各社員が打刻を行ったタイムカードと言う事になるのです。タイムレコーダーは、早退や遅刻、残業と言った事に関しても管理を行うために必要となるOA機器の1つと言えます。9時に出社をする事が義務となる場合、9時前に打刻を行えば、その日の出社時刻は守られる事になります。しかし、9時10分に打刻をすると、10分の遅刻となり、給料などから天引きが行われます。また、退社時刻が17時半の場合、18時半に打刻をすると、退社時刻よりも1時間後になりますので、普通であれば1時間の残業をした事になります。しかしながら、多くの会社は、17時半から10分などの休憩時間を設けており、この10分間は休憩を行う時間となるため、残業は50分間と言う事になるのです。また、残業を1分単位で認めると言う事は少なく、大半の場合は10分刻みや15分刻みで行うため、10分刻みであれば50分の残業が付きますが、15分刻みであれば45分の残業となるのです。


さらに、会社によっては、1時間までの残業は、残業と見なさない会社も多くあると言います。この場合は、15分刻みであれば1時間15分残業をしたことで、1時間15分の残業代が支給されますが、1時間未満であれば残業代が支給されないと言う決まりになるものです。これは会社によりけりではありますが、いずれにしても勤怠は全てタイムレコーダーで記録し管理が行われているわけです。