お部屋の雰囲気を変えるオーダーメイドテーブル

オーダーでテーブルを注文するポイント。

タイムレコーダーとタイムカード

タイムレコーダーは、社員ひとりひとりの勤怠を管理する目的で利用されるものです。各社員は、残業をすれば残業代が支給されます。また、遅刻をすれば給料から差し引かれてしまいます。会社に勤めている以上は、時間に拘束される事が多いわけですが、この時間を管理する目的で利用されているのがタイムレコーダーになります。最も一般的なタイムレコーダーは、アナログ式のタイプであり、これはタイムレコーダーにタイムカードを挿入することで入退室の時刻を打刻するものです。会社に来ると、タイムレコーダーは出社となる位置にしてからタイムカードを挿入しなくてはなりません。また、退社をする時は、退社となる位置にしてからタイムカードを挿入しなくてはなりません。最近のタイムレコーダーは、設定をしておけば、その時刻が来ると同時に、出社や退社の切り替えが自動で行われるのでとても便利なのですが、古い機種などの場合は、手動で切り替えを行う事になりますので、切り替えを忘れてしまうと、打刻を行った部分が重複してしまう事もあります。


打刻が重複してしまうと、何時に出社して何時に退社したのかがわかりにくくなりますので、自己申告などをして上長の印を貰い訂正を必要とする会社もあります。特に、会社の中で最初に退社する人は、朝のままの状態になっていますので、出社を退社に切り替えてから打刻をしないとならないわけです。また、中には会社を途中で退社する事もあります。これは半休などを取る場合であり、この場合は通常の退社ではなく、早退などの位置にしてから打刻をする事になります。一方、午前中休んで午後から出社する場合は、遅刻と言う位置にしてから打刻をする事になります。残業を行った場合は、退社ではなく残業と言う位置に合わせてから打刻を行う事になるのです。何故、このような位置変えが必要になるかと言うと、タイムカードには、出社、遅刻、早退、退社、残業と言う具合に、それぞれ別々の場所に時刻が打刻されるようになっているからで、毎月総務部などの人々が社員ひとりひとりのタイムカードをチェックして毎日の勤務時間の把握をし易くしているからなのです。そのため、各社員は打刻をする時は必要に応じてタイムレコーダーの打刻位置を変更してから打刻をする事が義務としてあるわけです。


また、タイムカードは、残業をした証しでもありますし、毎日定刻に出社しているという証しにも利用されるものですから正確に打刻をする必要があるわけです。